心臓・血管系システムの診療科

イメージ

循環器とは、心臓から血液が送り出されて体じゅうの組織を巡る、その経路のことを言います。したがって循環器内科では、主に心臓や血管の疾患を診療します。
循環器内科では、狭心症・心筋梗塞、心不全、不整脈などの心臓の病気や、動脈瘤、動脈硬化などの血管の疾患を診療します。
また、循環器疾患のリスクとなる生活習慣病(高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、高尿酸血症(痛風)など)にも対応いたします。

循環器内科で扱う主な疾患

  • 高血圧
  • 不整脈
  • 動脈硬化
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 心不全
  • 浮腫
  • 心臓弁膜症
  • 大動脈瘤
  • 閉塞性動脈硬化症 など

こんな場合はご相談ください

  • 血圧が高い
  • 強い胸痛を覚える
  • 胸に締めつけられるような違和感を覚える
  • 歩行や運動時に胸が苦しくなり、休むと軽くなる
  • 動悸がする
    (鼓動が速くなる・鼓動を強く感じる)
  • 脈が乱れる・飛ぶ
  • 息苦しくなる(特に横になった時)
  • 浮腫(むくみ)
  • 前よりも運動時の息切れがひどくなった
  • 失神した(気を失った)
  • 心電図や胸部X線検査で異常を指摘された など

循環器内科の主な検査

心電図検査

心臓の中で生じている微かな電気的変化を、時間を追って記録します。心臓の収縮・拡張が正常に行われているか、心臓の筋肉に酸素と栄養を供給している冠動脈の血流は円滑か、心筋に異常は無いか、などがわかります。検査室へ急いで駆けつけるなど、肉体的運動を行った場合は、しばらく休んでから検査を受けましょう。また、胸と両手首、両足首の肌をすぐに露出できる服装が好ましいです。

胸部X線撮影

心臓をはじめ、肺や大動脈などの形や大きさを映し出します。心臓が拡大していないか、形はどうなっているか、肺の動脈や静脈は太いか細いか、途切れていないか、肺の内部に水が貯まっていないか、欝血は無いか、大動脈の状態はどんなか、などがわかります。撮影する部分に、金属物・プラスチック・湿布薬等があると、写真に写ってしまって診断の妨げになりますので、撮影前に外しておきましょう。

心エコー検査

超音波を心臓に当て、返ってくるエコー(反射波)を画像に映し出し、心臓の様子を見るのが心エコー検査です。映し出された心臓の大きさや動き、弁の状態などを観察して診断を行います。放射線による被曝の心配が無いので、妊婦さんや乳幼児も安心して受けられます。心筋梗塞や心臓肥大、弁膜症などの疾患を確認することができます。

頸動脈エコー検査

頸動脈に超音波を当て、返ってくるエコー(反射波)を画像化して、頸動脈に動脈硬化などが無いかを調べます。頸動脈の動脈硬化の進行度を調べることにより、心筋梗塞や脳梗塞、大動脈解離など、命にもかかわる病気の発症リスクを推測することができます。

ホルター心電図

ホルター心電図は、日常生活のなかで小型・軽量な装置を身につけ、長時間の心電図を記録・解析、観察する検査装置です。短時間の心電図検査などでは診断できない不整脈や冠攣縮性狭心症などの発見が可能です。

循環器の代表的疾患

高血圧

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です。
高血圧は日本人にはとても多い病気で、40~74歳の人のうち男性は約6割、女性は約4割が高血圧と言われます。
高血圧は放っておくと、その高い圧力によって血管壁にストレスがかかり、動脈硬化が生じて心不全や狭心症、心筋梗塞といった心臓血管系の病気を招いたり、または脳出血、脳梗塞の原因になったりします。

高血圧の治療

まず行うべきは、適正な体重にし、適度な運動を心がけ、減塩に努めるなどの生活改善です。
また、医師から薬を処方されたら、指示通りにしっかり飲むことも大切です。
一度薬を飲み始めたら、一生やめられないと思っている方が少なくないようですが、だんだんと良くなってくれば、減らしたり、やめたりすることも可能です。一度降圧薬を内服し始めたら飲み続けなくてはいけないと考えるのではなく、薬がやめられるように日頃の摂生に努めることが大切なのです。

狭心症

狭心症は、心臓の冠動脈(心臓の上に冠のように乗っており、心筋に酸素と栄養を供給している動脈)の血流が不足することによって、心筋が酸素不足に陥る疾患です。
主に動脈硬化のために冠動脈の血管が狭くなり、心臓への血液の流れが一時的に滞るために発症します。
狭心症を放置すると、やがて冠動脈が閉塞して心筋梗塞となり、命にもかかわる危険な状態になったりします。
そのため狭心症の段階で、しっかりと治療しておくことが肝心です。
狭心症の症状は、普通は「労作性狭心症」と言って労作時(体を動かしたとき)、つまり急ぎ足で歩いたり、階段や坂道を登ったりした時などに起こり、胸の中央部辺りが締めつけられる、あるいは何かを押しつけられているような圧迫感が感じられます。
少し休むと治まってしまうのが特徴です。
痛みはしばしば左肩・腕や顎まで広がり、みぞおちに胃の痛みのようなものが感じられたり、息切れとして自覚されたりすることもあります。
症状の持続時間は、数十秒から数分程度です。
一方、「安静時狭心症」と言って、同じような症状が労作と関係無く出ることがあります。
これは「冠攣縮(かんれんしゅく)」、つまり冠動脈が痙攣したように収縮してしまい、動脈硬化で細くなった時と同様の狭窄が一時的に作り出されて起きる現象です。

狭心症の検査

狭心症の主な検査には、心電図、運動負荷試験(トレッドミル・エルゴメータなど)、RI(ラジオアイソトープ)検査、ホルター心電図、冠動脈造影などといった方法があります。

狭心症の治療

狭心症の元々の原因は、多くの場合、動脈硬化です。
いったん起こった動脈硬化を元通りにすることは、現時点では不可能です。
したがって動脈硬化がそれ以上進まないように努力する、ということが治療の大前提になります。
そのためには高血圧・脂質異常症・糖尿病などを治療し、また禁煙、適正体重の維持、適度な運動などを心がけることによって、危険因子を可能な限り減らすことが重要です。
それらを踏まえた上で、薬物療法をはじめとする治療が行われます。

心筋梗塞

イメージ

冠動脈が詰まって血流が途絶えると、心臓の筋肉に酸素と栄養が供給されなくなり、やがてその領域の筋肉が死んでしまい(壊死)、心筋梗塞が発症します。
心筋梗塞になると、激しい胸の痛み、重い感じ、呼吸困難、冷汗、嘔吐などの症状が現れます。ただし、高齢者や糖尿病患者では胸痛を自覚しないこともあり、なんとなく元気が無い、吐き気などが主な症状であったりすることから、見落とされるケースも少なくないので、要注意です。

心筋梗塞の検査

心筋梗塞の診断は発症時の症状(持続する胸痛など)、心電図検査、血液検査などで診断されます。心臓超音波検査(エコー)も心臓の運動障害が観察できるため、診断の補助になります。さらに心臓カテーテルを行うと、閉塞または狭窄した冠動脈が観察でき、確定診断がつけられます。

心筋梗塞の治療

心筋梗塞では、閉塞した冠動脈の血流をいち早く再開通させることが重要です。その方法としては、閉塞した冠動脈の血栓を溶かしたり(血栓溶解療法)、詰まった血管を風船で拡張したり(冠動脈形成術)、ステントを移植したり、血栓(血のかたまり)を吸引したりする方法などがあります。いずれにしても、いかに早く血流を再開通できたかが、その後の経過を大きく左右します。

心筋梗塞の予防

心筋梗塞を予防するためには、動脈硬化の進行を防ぐことが大切です。それには、危険因子の除去に努めることが重要になってきます。
以下のような心がけが、心筋梗塞から身を守ります。

  • 禁煙する
  • 塩分、糖分、脂肪分を摂り過ぎない
  • バランスの良い食事を心がける
  • 適度な運動をする
  • ストレスにうまく対処する
  • 規則正しい生活をおくる
  • 高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)を治療する
  • 強い胸痛を感じたら、とにかく医療機関に急ぐ

不整脈

不整脈が発生する主な原因は、冠動脈疾患、心臓弁障害、心不全、先天性心疾患などで、多くが心臓に起因する疾患です。
甲状腺異常や肺に病気がある人も、不整脈になりやすい傾向があります。
しかし、心臓病等に関係無く、加齢や体質的なもの、ストレスや睡眠不足、疲労などによっても不整脈は起こりやすくなります。
心臓は1日に約10万回も拍動しており、心臓は時には規則正しくない電気信号により不規則な動きをしてしまう場合があります。
つまり不整脈は誰にでも起こり得るのです。
さて、不整脈の症状についてですが、下記のようなものがあります。
ただ、不整脈は常に自覚症状があるわけではなく、本人がそれとは気づかない場合が少なくありません。
しかし、段々と症状が悪化するに従い、自覚するようになってきます。

早い脈(頻脈)

頻脈になると、ドキドキとする動悸が感じられるようになります。
さらに脈が速まっていくと、心臓が全身に血液を送り出せない状態となってしまい、吐き気や冷や汗、意識消失等の症状が出てきます。

遅い脈(徐脈)

徐脈になると、フラッとしたり、めまいがしたり、意識が無くなって卒倒したりします。
徐脈状態が長い間続くと、動作時に息切れをするようになります。

飛ぶ/抜ける脈(期外収縮)

期外収縮になっても自覚症状を感じない場合が多いのですが、症状を感じる場合は、脈が飛んだり、胸の周辺部分に不快感を覚えたり、胸が痛くなったりします。
これらの痛みは比較的狭い範囲で起こり、あまり持続しない(数十秒以内)で解消します。
不整脈のほとんどは、実はあまり心配の無い、一時的なものが多いのですが、不整脈のなかには注意を要し、より詳細な診断と、場合によっては適切な治療が必要となる場合もあります。
ある特定の不整脈には、注意を要する怖いタイプがあります。
そうした不整脈の場合は、専門医による適切な診断と治療が必要です。

浮腫(むくみ)

手足がむくんだり、顔がはれぼったくなったりするような、いわゆる「むくみ」を経験されたことのある方は、多いと思います。むくみは、医学的には「浮腫(ふしゅ)」と呼びます。
浮腫とは、血液中の体液が血管外に滲み出るなどして、細胞と細胞の間の水(組織間液)が異常に増加した状態です。
浮腫が、膝から足首までの辺り(下腿)によく見られるのは、水分が重力によって身体の下の方に溜まりやすくなるためです。ですから、寝たきりの人であれば、浮腫はむしろ背中や顔に出やすくなります。

浮腫の原因と治療

浮腫の原因には、様々なものがあります。
全身の栄養状態が良くない時には、血管の中に水を保っておく働きのある「アルブミン」というたんぱく質が少なくなっています。すると、浸透圧の関係で動脈では水分が血管の外に出やすく、静脈では血管の中に戻りにくくなります。リンパ管で排水しても追いつかないようなら、浮腫になります。アルブミンは肝臓で作られているので、肝臓が弱っている時に浮腫が出ることがあります。
腎機能が良くない時には、身体の中の水分を尿として外に排出することができず、水分がだぶついてきます。腎臓の疾患(腎不全、急性糸球体腎炎、ネフロ-ゼ症候群など)が原因でむくむのは、主にこのためです。ただ、浮腫が出るとすぐに腎臓が悪いと思われがちなようですが、もちろんそうとは限りません(非常に多い腎臓病である慢性糸球体腎炎では、一般に浮腫は見られません)。
心臓の働きが低下している時にも、浮腫は生じます。これは、心臓のポンプ機能が低下しているためで(心不全)、全身の血流がスムーズでなくなるため、血液が心臓に戻れずに、末梢で体液が鬱滞した状態になるのです。
慢性甲状腺炎(橋本病)などの内分泌系の疾患が原因で浮腫が起こるケースもありますし、そのほかにも、静脈瘤による場合、薬剤による場合など、原因は極めて多岐に渡ります。 このように、いろいろな原因から浮腫は生じますので、その治療法も原因によって様々です。
むくみが続くようなら放置せずに、一度は医療機関で検査を受け、原因を確かめておくことが大切です。

医院概要

亀戸内科クリニック

内科・循環器内科・糖尿病内科

所在地
〒136-0071
江東区亀戸2-26-8 風月堂ビル1階
診療科目
内科・循環器内科・糖尿病内科
電話
03-5626-5600
アクセス
JR総武線・東武亀戸線 亀戸駅北口 徒歩2分
診療時間
  日祝
9:00~12:30
15:00~18:30

※:土曜午後14:00~17:00
休診日 木曜・日曜・祝日

ACCESSMAP

地図

googlemapはこちら

患者の気持ち
ページトップへ