期外収縮について

普段規則正しく打っている脈が不規則なリズムになったり、ゆっくりもしくは速くなったりすることを不整脈といいます。その不整脈のひとつに期外収縮があります。期外収縮は心配のないケースが大半ですが、なかには命に関わる危険な場合もあり、歳をとっていくにつれてみられる頻度も高くなっていきます。リズム正しく打っている脈の中にときどき「トン、トン、トトン」と早く打つ脈が現れたり、「トン、トン、(脈が触れない)、トン」と脈が一拍飛んだりします。期外収縮は起きても無症状であることが多いのですが、胸の違和感や痛み、喉の詰まった感じなどの症状が出ることもあります。連続して起こると、血圧の低下や動悸、めまいなどが生じることもあります。

心筋梗塞の合併症

心筋梗塞を生じると様々な合併症が起こります。主なものに下記の3つがあります。
① うっ血性心不全
心臓の筋肉の一部が死んでしまうことによって心臓の機能が著しく低下し、肺への血の巡りも悪くなって肺に水が溜まり、呼吸困難、息苦しさ、息切れなどの症状がみられます。
② 不整脈
心臓の筋肉が壊れて心臓の拍動のリズムが崩れると、心室頻拍、心室細動などの頻脈(脈が通常よりも早く打つ状態)や洞不全症候群や房室ブロックなどの徐脈(脈が非常に遅く打つ状態)等の不整脈がみられます。
③ 心破裂
心臓の筋肉が死んでしまった部分に圧がかかり、心臓が破れてしまう状態で、早急に治療しないと死に至ります。

心筋梗塞の症状について

症状としては前胸部の痛みが主に起こります。胸の重苦しい痛みや肩や背中、首まで広がる痛みが数十分にわたって長く続きます。動悸、息切れ・呼吸困難、不整脈、吐き気、冷や汗、顔が青白くなる、奥歯の痛みが主なものですが人によっては、肩や指先の痛み、上腹部の痛みを訴える方もいます。
一方で、高齢者、糖尿病の方、腎臓病の方などでは痛みの痛覚が鈍っているために痛みを感じない方も少なくありません。専門用語では無症候性心筋虚血と呼び、年々増えております。後日になり心電図異常で気づかれることが多いです。

心筋梗塞とは

心筋梗塞は心臓の周囲にある冠動脈という血管が完全に詰まってしまう病気です。冠動脈を含め血管はだんだん老化していき、弾力のあった血管は硬く脆く傷つきやすくなっていきます。そこに、肥満やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値が高い、高血圧などの状況が重なると血液が脂肪分でドロドロになり、傷ついた血管の壁に脂肪が溜まっていきます。脂肪が壁にへばりついて厚さを増すと血管の内側の幅が狭くなり、血液の流れが悪くなります。この血管の状態を動脈硬化と言います。動脈硬化が起こると血液が流れにくくなるので、血管の中で血の塊を形成することがあります。この血の塊は血栓と呼ばれます。

心臓の血管に動脈硬化が起こって血栓ができ遂には破裂して血管に詰まると、詰まった先の血管には血液が流れなくなり、心臓の筋肉に栄養や酸素が運ばれないため心臓の筋肉が死んでしまいます。これが、心筋梗塞です。

高血圧の薬物療法についてーその3

利尿薬は、塩分や水分を、尿の出を良くして減らし血圧を下げる薬です。軽症から重症まで広く高血圧に用いられます。

β遮断薬は、心臓のポンプ機能をゆるやかにさせて、血圧を下げる薬です。

α遮断薬は、血管の収縮を抑え、血圧を下げる薬です。

 それぞれの種類でメリットデメリットがあり、年齢や合併症の状況などを考慮して使い分けています。またより細かく見ると、その降圧薬のグループ内でもまたグループ分けがあり、様々な状況を考慮して処方しています

 

ページトップへ