高血圧の薬物療法についてーその3

利尿薬は、塩分や水分を、尿の出を良くして減らし血圧を下げる薬です。軽症から重症まで広く高血圧に用いられます。

β遮断薬は、心臓のポンプ機能をゆるやかにさせて、血圧を下げる薬です。

α遮断薬は、血管の収縮を抑え、血圧を下げる薬です。

 それぞれの種類でメリットデメリットがあり、年齢や合併症の状況などを考慮して使い分けています。またより細かく見ると、その降圧薬のグループ内でもまたグループ分けがあり、様々な状況を考慮して処方しています

 

高血圧の薬物療法についてーその2

カルシウム(Ca)拮抗薬は、血管を拡げて血液の通る量を増やし血圧を下げる薬です。

アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)は、血管を収縮させるアンジオテンシンⅡが受容体に結合するのを阻害して血管を拡げ、血圧を下げる薬です。

アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬は、血管を収縮させて血圧を上げる物質であるアンジオテンシンⅡを作る酵素の働きを阻害して、血管を拡げて血圧を下げる薬です。

高血圧の薬物療法についてーその1

薬物療法に用いられる降圧薬には、一般的にはカルシウム(Ca)拮抗薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、利尿薬、β遮断薬(含αβ遮断薬)の5種類があります。患者さんの病態や検査の値をみて、適する降圧薬を選択し、降圧目標を目指しますが、単剤で降圧目標を達成することができない場合には併用を試みます。また剤形も錠剤だけではなく顆粒や貼付剤といった貼り薬もあり、使い分けも出来ます。

高血圧の治療について

 高血圧の治療は、食事、運動、薬物療法が中心となります。食事療法の中では減塩が最も重要なことです。塩分は、血圧を上げる最も重要な因子であることから、目標値としては、塩分を6g/日以下にすることが理想と言われています。日本人は塩分摂取量が多いといわれていますので、特に注意が必要です。野菜や果物を積極的に摂り、コレステロールや飽和脂肪酸を含む食品の摂取やアルコール依存症摂取は控えめにしましょう。生活習慣の修正では血圧が下がらないケースや、高血圧のリスクが多く最初から降圧薬で対応することが必要なケースでは、降圧薬による薬物療法が行われます。

 

 

高齢者糖尿病の血糖コントロールについて

糖尿病は加齢とともにインスリン分泌能が落ちることから、年齢を重ねるごとに増悪傾向になることが知られています。一方で加齢で肝臓や腎臓などの臓器障害も増えていくことから薬の作用など高齢者には特別な配慮が必要になります。また認知症があるか、一人暮らしか、食事は自分で作るか、歩けるかなどによっても薬の内容やどの程度を糖尿病の改善目標にするかなど気にする点が増えていきます。一般的には高齢者は低血糖への注意がより必要となります。このために目標値は若い方よりも高めに設定されることが多いです。

ページトップへ