糖尿病の新薬ー週一回の内服や注射について

糖尿病を改善させる薬の種類がすごい勢いで、増えております。大きなグループとしてDPP-Ⅳ阻害薬、GLP1受容体作動薬、SGLT2阻害薬と続き、それぞれ数種類ずつが使用できるようになっております。さらに、このたび週1回の内服でよいDPP-Ⅳ阻害薬と週1回の注射でよいGLP-1受容体作動薬も使用できるようになりました。週1回の内服は骨粗鬆症の薬ではありましたが、糖尿病薬を含めた生活習慣病薬では初めてです。普段他に薬を飲まれていない壮年の方などが内服のいい適応と思われます。kusuri_nomu

ページトップへ